京町家の謎な物

京町家の謎な物

京町家に引っ越して2ヶ月近く経ちました。

この京町家は築100年以上の賃貸物件なので、これまでにたくさんの人が住んできた部屋だと思います。

ある人は古びた建具を補修したり、またある人は新たに設備を導入したり。

長い年月をかけていろいろな人が住んできた結果、今では使われない物がちらほら見られます。

そこで今回は僕が住む京町家にある謎な物を紹介していきます。

謎な物其の一 水栓?ガス管?

玄関のすぐ側にあります。

おそらく水道かガス用の何らかの設備だと思うのですが用途はわかりません。

回せそうですが錆びてるせいか動かない。

力いっぱいやれば回るかもしれません、が、回して何か出てきても困るのでそっとしておきます。

今はとりあえず傘おきとして使用中。

謎な物其の二 水屋箪笥(みずやたんす)

前の住人の残置物で大家さんからは自由にしていいと言われています。

”水屋”と付くくらいなので本来水回りや食物の収納で使われる箪笥らしいのですが、何故かここに置いてあります。

かなり古くだいぶ傷んでいるのでこのままでは使えそうにありません。

物自体は貫禄ある立派な箪笥なので、このまま捨てるのはもったいない。

なんとか綺麗にして使えるようにしたいです。

謎な物其の三 非常用ボタン

まるで誘惑するかのように「押す」と書かれています。

ボタンからケーブルがのびていますが、最終的にどこに繋がっているのかはわかりません。

古い設備なのでそもそも動作するかも不明です。

押してみたい衝動にかられますが、もし動作して非常ベルが鳴り響いたりしたら迷惑なのでぐっと我慢。

謎な物其の四 ガラス付き瓦

一部がガラスになって採光できる瓦です。

台所部分の屋根にも取り付けられていますが、何故か庭に置いてあります。

余ったからなのか予備なのかわかりません。

どうしていいのかわからないのでとりあえずここに置いたままにしてます。

謎な物其の五 エアコン

この家にある唯一のエアコン 東芝のSylphide

謎な物ではありませんが商品名を聞いたことがないくらい古い型です。

簡単に掃除をして一応動作確認はできました。

京都の夏は蒸し暑いので、これ一台で乗り越えられるか心配です。

以上、僕の住む京町家にある謎な物を紹介しました。

謎な物其の一の水栓みたいな物は、結局なんなのかわかりません。

もし用途がわかるという方がいらっしゃいましたら教えて頂けると助かります。

どれも味のある物なので、とりあえずは全て現状のままにしておこうと思います。

You tubeで動画も公開していますのでぜひご覧ください。